読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10000hの技術メモ

この先生きのこるための勉強内容&時間記録

Ruby on Rails Ⅳ 3章 renderを使いこなそう

Progate Ruby on Rails

20170305@home Progate | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート]

目次

パーシャルにオブジェクトを渡そう

まず「パーシャルってなんだっけ?」を思い出す。

Ruby on Rails Ⅲ 2章 scaffoldのコードに近付けよう(2) - 10000hの技術メモ

共通するコードをパーシャルにまとめておいて、別の場所から呼び出せる。そうなると当然、パラメータを渡したくなる。

パーシャルへのオブジェクトの渡し方

<% @notes.each do |note| %>
  <%= render 'notes/note', note: note %>
<%end %>

noteという単語がたくさん出てくるので、どのnoteが何を表しているのか意識しましょう。

↑確かに初見だからかものすごく困ってます(もっとわかりやすく名前変えるというのはできないんでしょうか・・・)

renderの特殊な使い方

  • 配列のrender

※これ要復習。

今回の勉強時間:15分 累計勉強時間:10時間44分