読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10000hの技術メモ

この先生きのこるための勉強内容&時間記録

Ruby on Rails Ⅳ 1章 ユーザーをscaffoldしよう

20170304@home Progate | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート]

目次

ユーザーをscaffoldしよう

(scafflodする、は動詞なんだ・・・。)

ユーザを作成する

$ rails g scaffold User name:string email:string

$ rake db:migrate

ユーザを作ったら、あとはユーザーページを作ったりログイン機能つけたりログイン時のバリデーションとかするんだろうな、とこの時点で想像。

これだけでユーザの追加・編集・削除が出来るように。確かにscaffold便利。

ユーザーのバリデーション

name, emailの値が存在する場合に保存するようにする。

また、uniquenessを使って、同じメールアドレスのユーザが登録されないようにする。

validates :name, presence: true
validates :email, presence: true, uniqueness: true

短いけどキリが良いのでここまで。

今回の勉強時間:10分 累計勉強時間:9時間54分