読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10000hの技術メモ

この先生きのこるための勉強内容&時間記録

Ruby on Rails Ⅲ 2章 scaffoldのコードに近付けよう(1)〜resources

Progate Ruby on Rails

20170223@home Progate | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート]

目次

railsⅡで書いたコードをscaffoldに近づけていく。自動生成されたコードはお手本になるので、意味を1つずつ確認していく。

resources

resourcesを使うと、7つのルーティングが自動生成される=getやpostを使って一つずつ書かなくともよい

使い方はroutes.rb

resources :コントローラ名

この状態でrake routesすると

※コピペだと綺麗に表示できなかったので、画像で済ます。

あとは、元々railsⅡで作っていたときとパスが変わっているので、現状に合うように書き換える。 ・・・この辺手間なので、普通に開発してて「変えたい」と思った時のために、少ない手間でさっと修正できるような仕組みはなんだろうか。何かのIDEがやってくれる?

今回の勉強時間:21分 累計勉強時間:7時間43分